ホーム > ショッピング > まっとうに考えよう

まっとうに考えよう

初めて仕かける時という場合には何よりも下調べを手抜きしてはいけません。

 

取引を行う前であるとすれば、相場を客観的に調査する事ができる余地があります。

 

だけれども、いったんマーケットの中へ飛び込んでしまうと、どうあがいても見解が客観性を欠くものになりがちで、時々真っ当な見方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

だからあなたの考え方が落ち着いている間に間違いない準備を進めておくことが必要です。

 

その"準備"のためにははじめはあなただけの物語を描くことから行います。

 

今からの相場はこうだからユーロを買う(あるいは売る)というふうに物語を描いていきます。

 

次に為替チャートを調べましょう。

 

過去のレートの推移を見つめて、今のチャートをチェックします。

 

すると、「今現在は過度に高すぎる場面になっているな」など、そうでなければ「もう大多数の投資家の方々が売買しているからこの先急に買い(または売り)してももはや手遅れだな」ということが分かってきます。

 

当然ですが今となってはエントリーするのが間に合わないなと思ったならば売買しないで、ここは諦めることが必要です。

 

どう工夫しても自らのストーリー展開を妥協しないで吹っ切らずに新しく注文すると、マーケットに押し返されて、マイナスになりかねない。

 

とは言ってもたいがいのケースで事前に準備している自分自身の台本を作っていると、エントリーが遅すぎるという場面にはならないと思います。

 

たぶん、実際に相場が動き出す前の状態のはずです。

 

続いては、あなたが注文しようと決めている通貨の上下の動きを、注意深く見る事が重要です。

 

円安になるであろうという台本を記したのであればドル円の上下動に用心しておきます。

 

相場の推移をチェックし始めた段階ではまだその通貨は分かりやすく動く兆候を見せないで上下に小さな変動をしているだけでしょう。

 

しかしながら、その変動をじっとチェックしているとあるポイントで確実にドル高へと外国為替市場が動き始めてくる。

 

このチャンスでいよいよ、ドルの注文をします。

 

おおむね、そこまで慎重に事前の準備を進めておけば、その注文で勝利する割合は高まるはずだ。

 


関連記事

  1. 家族で楽しめる漫画をダウンロード

    タブレットがご家庭にあるのなら、趣味のものを家族で分かち合ってみるのもいいもので...

  2. ケアプロストについて

    ケアプロストは、アメリカのFDAが認可しているまつ毛を、育毛するための医薬品です...

  3. まっとうに考えよう

    初めて仕かける時という場合には何よりも下調べを手抜きしてはいけません。 &nbs...

  4. テスト

    テスト記事です。...